Available Games

​るーでんすぱーてぃーでは、下記ゲーム・デザイナー様にご協力頂いております。

究極の心理戦

グーチョキパーダラピン

29251.png

2~6人

​プレイ人数

828805.png

 15分

​プレイ時間(通常)

ゲームデザイン:

高橋晋平(株式会社ウサギ)

イラスト・DTP:

吉川晋平(有限会社エハラ)

グーチョキパーダラピン
グーチョキパーダラピン

press to zoom
グーチョキパーダラピン
グーチョキパーダラピン

press to zoom
グーチョキパーダラピン
グーチョキパーダラピン

press to zoom
1/2

 通常はグーチョキパーの3種類の手で戦うジャンケン。そんなジャンケンに「ダラ」と「ピン」という新しく2 種類の手が登場。「グー」「チョキ」「パー」「ダラ」「ピン」の5種類の手で高くことによって、究極の心理戦を楽しめます!

利用シーン

Sales.png
communication.png
In-house interview.png
debriefingsession.png

■勝利判定■

 勝利判定は、単純明快!最後まで脱落せずに残った人が勝利。 しかし、「グー」「チョキ」「パー」のカードは一度負けてしまうと捨てカードとなり、もう二度と使えない!この 3つのカード全てが捨てカードになってしまうと脱落してしまう等の条件もあります。「ダラ」と「ピン」のカードを使って勝ち残れ!

​この能力がレベルアップ!

logical thinking.png
negotiating ability.png
one'sgraspo thesituation.png
Flexibility.png
22023719.png
22276542.png

営業先ではどんな人とも友好的に話ができるのですが、いわゆる『駆け引き』ができないと感じていました。相手がどう出るか、何をしてくるかの先読みや心理戦の訓練につながったと感じております!

​営業職・20代

​主な利用目的:ビジネスにおける駆け引きの訓練として

 口コミ 
ブルーグラデーションにイエロー
担当からのおすすめポイント!

相手がいま何を出そうとしているかというのはもちろん、「さっきは何を出した?」「あの人は、さっきはチョキ で負けたからもうチョキはない…」など複雑化する場面をシンプルに考え、そして、勝ち筋を考える…まさに、 論理的思考のトレーニングにつながります。